book girl for night in lahore

dsvfdhgfcjnhgczvxcvcxbvcbcxxz cbook girl for night in lahore

東京都医師会の尾崎治夫会長は自身のフェイスブックで「Not go toキャンペーン」と題した提案を行い、都内での新型コロナウイルスの最近の感染者の状況について「第2波かもしれない」として今月中の飲み会や会食を控えるよう呼びかけています。尾崎会長は14日夜、自身のフェイスブックに「第2波かもしれない現状に対して東京都医師会長からのお願い」として投稿を行いました。

この中で「接待を伴う飲食店での感染は言うまでもなく、仲間内の飲み会、会食での感染例も、唾液による飛沫感染が起きていると考えられます。最近では、若者だけでなく40代50代の方も増えています」と最近の感染者の状況を伝えています。そのうえで「アルコールが入って気が大きくなって、大声を出して語り合う。さらに唾液が飛び交います。危ないですね。仕事の帰りに一杯。そこに無症状で感染している人や、ちょっと具合は悪いけど我慢して、飲めば治っちゃうなんていう人がいたら、4日後には、あなたがうつす側に回るかもしれません。市中感染が広がっていることが否定できない今、都心で生活している人、全ての人に飲食を通じて、感染が起きるかもしれません。危ない行為は避けましょう」と呼びかけています。そして「Not go toキャンペーン。7月中の飲み会・会食は控えましょう。都内はもちろん、都外でも。行くのであれば、ガイドラインを順守したお店。しかも少人数で。第一波の時のように、連休中の気の緩みを再び繰り返してはいけないと思います」とつづり、警戒を呼びかけています。

 
858 Visualizações

Mais artigos:

Procurar